現地の言葉に翻訳

割引の可能性をもってマニュアル翻訳を依頼する

日本の技術は世界に誇る事ができ、その需要が多い事で評価が高い事を読み取る事ができます。精密機器であったり、機械などを海外に輸出する事は多いですが、その際、操作に関するマニュアルが必要になります。海外で使用する場合には、翻訳作業が伴う事になります。 マニュアル翻訳については、一回翻訳を実施しておくと、その後は修正箇所だけを変更するなどの作業で済みますので、翻訳会社に作業を依頼する事も多くあります。 マニュアル翻訳の料金については、一回使い切りという面も考慮される事があり、料金としては一番安い単価になっている事が多い様です。もしも何種類かのマニュアルが必要になる場合には、同時に複数を依頼して単価の割引を考慮してもらう事も行ってみてください。料金割引の可能性が見込まれます。

料金目安を知っておく

マニュアル翻訳については、医療や特許などの分野に比較すると、最も安い料金設定になっている事が多い様です。大体の料金目安としては、日本語から英語を基本として、1ワード方式で35円位、400字詰めA4原稿で7,000円位になります。翻訳会社によっては、安い料金を宣伝しているところもあり、1ワード30円、1文字10円などの料金体系なども見られます。料金に拘る場合には、格安設定のマニュアル翻訳会社を利用する事もできます。 料金については、格安料金であっても、納品時に追加料金が発生する場合もあります。まずは、依頼先の情報を収集してから、料金の詳細について確認をした上で、支払いトラブルなどが発生しない様に利用してください。