グローバル化ができる

便利な文章の翻訳サービス

日本企業のグローバル化が叫ばれる中で、日常の業務で英語や中国語などさまざまな外国語に接する機会が増えてきています。また、日本の市場が縮小する中で海外へマーケットを広げる日本企業が増えています。日本国内で英語の翻訳ができる人は限られており、社内の英語を使う従業員に翻訳を依頼しても正確性に不安がある場合があります。そこで翻訳サービスを使用する会社が増えてきています。現在は提出するのがオンライン上で簡単にできたり、明確な料金プランを提示することにより人気のある翻訳サービスなども出ています。企業のグローバル化を目指す経営者や担当者の方は販路の拡大や経営の効率化のためにも、是非翻訳サービスを利用することをお勧めします。次は料金についてご説明します。

サービスの料金相場について

翻訳サービスの料金は会社によって異なりますが、ページあたりや文字数によって決まっています。料金が明確に定義されているサービスも増えてきており、安心してプロの翻訳ライターにお願いすることができるのです。翻訳の料金は原稿用紙1枚400文字ごとに決定していきます。一般的な英語を含む文章の場合は、400文字あたり4,000円ほどになっています。また、自動車など特定の産業にと化した文章の場合はもう少し値段が上がります。また特許等専門家を必要とする翻訳文章の場合は、相場も上がって原稿用紙1枚あたり8000円ほどになっています。プロに翻訳をお願いすることで間違いを防止し、新たなビジネスチャンスを世界に広げることができます。また従業員は本来の仕事に集中することもできます。